子どもが貧血?注意外必要な場合もあり!

顔色が悪かったりめまいを起こす子どもは、貧血になっている可能性があります。

 

そもそも、貧血とはどういった状態なのでしょうか?

 

貧血とは血液中の赤血球が不足しておこります。
赤血球は、体の様々な組織に酸素を運んでくれます。

 

赤血球が少なくなると体には小腹てくる酸素も減ってしまいます。

 

そうすると、心拍数が上がり心臓に負担がかかってしまいます。

 

このような状態が貧血は、鉄欠乏性貧血と言われ子供に多く、様々な症状がおこる事があります。

 

鉄欠乏性貧血の原因は、食事から摂取する鉄の量が少ない・出血によって鉄が失われていることが上げられます。

 

出血性貧血は、生理がおこる女性に多くみられます。

 

鉄は汗と一緒に失われるので、部活動を始める中学生くらいになると男女関係なく、スポーツ貧血と言われることがあります。

 

鉄欠乏性貧血の症状は、血液痛の酸素が上手く運ばれなくなるので、組織が酸欠になりおこります。

 

これにより、倦怠感・顔色が悪い・立ちくらみ・めまいといった症状や、息切れ・動悸・食欲不振などがおこる事があります。

 

子どもの貧血の場合、顔色が悪く体調が悪い時には、受診し医師に相談することをオススメします。

 

血液検査でヘモグロビンの濃度を測ってもらうことで、貧血かそうでないかということが分かります。

 

貧血ということが分かり、何が原因で起こっているのかということが分かると、その病気を治療する事ができ貧血を治す事ができます。

 

貧血だけならば、薬や食事から鉄分を補うことで体調も改善するでしょう。

 

鉄欠乏性貧血の予防と治療のためには、食事から鉄分絵雄摂ることが大切になってきます。

 

鉄分は、レバー・アサリ・シジミ・牛肉・納豆・ひじき・小松菜などに多く含まれています。

 

鉄分は吸収されにくいため、ビタミンCと一緒に摂ると良いと言われています。

 

ビタミンCは、かんきつ類・イチゴ・ピーマン・ブロッコリーに含まれています。

 

この食材をうまく組み合わせ、鉄分をしっかりと摂っていきましょう。

 

サプリメントで摂ることもできますが、子供のうちはなるべく食事から摂っていくことをオススメします。