サプリメントは子どもに飲ませても大丈夫?

最近では、サプリメントで栄養を補給するといった人が増えてきました。

 

さらに、子どもでもサプリを飲むようになってきています。

 

子ども用サプリも販売され、小さくしてあったり、子どもが好む味がついてお菓子のようなものまであります。

 

成長期の子どもには、カルシウムやビタミン・ミネラルが必要だと言われています。
このことから、このような栄養成分のサプリを摂ることが多いようです。

 

しかし、毎日の食事をとっていれば、病気になるほど栄養が不足しているということは考えられません。

 

インスタント食品やスナック菓子などを多く食べているから、栄養バランスが偏っているのでは?
と思いサプリメントを飲ませるという前に、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。

 

子どもの体調が心配・体調が悪そうだという場合も同じです。

 

それでも心配だからサプリメントを飲ませるのではなく、体調が心配な場合には、一度病院で診察や相談をしてみた方が良いでしょう。

 

 

子どもへのサプリメントの影響は?

サプリメントを摂ることで、良い効果を得られるものもあります。

 

例えば、カルシウムは人間の骨と歯に存在し、少量ですが血液や細胞にもあり、心臓の機能調節や筋肉の働きに効果があります。
毎日の食事でとっていても吸収が悪いことから不足していることがあります。

 

1日の摂取量を毎日食事だけで摂らせるのも大変です。

 

成長期の子供にとってカルシウムは、必要なのでサプリで補ってあげるのも良いでしょう。

 

カルシウムには、精神を安定させ集中力や、やる気をアップさせる効果もあると言われています。

 

子ども用のサプリを摂取させる場合、飲み方次第では副作用を起こすことがあります。

 

摂取量を守らないで大量に飲むことで、めまいや吐き気といった症状をおこすことがあります。

 

摂取量をきちんと守ることが大切になってきます。

 

また、食事をとらずにサプリを摂取するのも良くありません。

 

毎日きちんとバランスの取れた食事をしたうえで、サプリを栄養を補っていくことが大切になってきます。

 

子供の体のことをきちんと考えてサプリを選び、適量を摂取させるようにしましょう。