成長には運動も大事!食事だけじゃダメなんです。

成長期の子供に必要なもの…それは栄養と睡眠、そして運動です。

 

睡眠は工夫次第で十分に寝かせてあげられる事も出来ますが、栄養のハードルはとても高いといえます。
食事で全て補おうとすると、膨大な量になってしまい、子供に毎日食べさせるのは難しいのです。

 

そこでおすすめしているのが、成長期応援飲料のセノビック。
セノビックを始めとした栄養を補給するものは、食事と一緒に出すだけで成長期に必要な成分を補う事ができます。

 

セノビックは牛乳に混ぜるだけという簡単作業で作れるので、栄養の事を考えた食事を無理のない程度に作って後は様子を見る事ができるのです。

 

そのセノビックにも味の種類がいくつかあり、中には乳清プロテインというものが入っているものもあります。

 

乳清プロテインが配合されたバナナ味は、運動が活発な子供に向けて作られたものです。
牛乳が苦手な子供でも飲みやすい味なので、牛乳を飲ませたいけれど飲んでもらえなくて悩んでいるお母さんにも希望が持てますね。

 

そして、今回注目するのは栄養と睡眠以外の運動です。
成長期の運動について、簡単に紹介していきます。

 

「運動でも身長を伸ばす方法はあるの?どういう運動をすればいいの?」

 

という人や、子供が運動好きじゃないけれど身長は気になるからやらせてみたい…という人も、これを機に身長を伸ばす運動について一緒に考えてみませんか?

 

成長期に適した運動があった!!

成長期は、身長が伸びていく大事な時期です。
運動も少なからず影響していきます。

 

身長が伸びる運動というよりは動きになりますが、

 

  • 骨に対して縦に刺激、圧力をかける
  • 軟骨に刺激を加える

といった動作の入ったものが身長の伸びる運動にあたる様です。

 

縦に刺激、圧力をかける運動はジョギング。
他にもジャンプをする機会が多いバスケットボールや、バレーボールなどが具体的な例になります。

 

軟骨は、詳しく説明をすると足と背中の骨端軟骨という部分です。
この部分が増殖する事で成長期の身長が伸びていくので、刺激を与える運動は効果的と言われています。
縦方向に刺激するのと同じ運動や、水泳でも骨端軟骨に刺激は加わる様です。

 

運動をする上で注意しておきたい事

身長の伸びる運動がある様に、身長を伸ばす時に良くない運動もあります。

 

  • 激しすぎる運動
  • 一部に極端な負担をかける運動

これらの運動は、身長を伸ばすには適切ではありません。

 

激しすぎる運動を行うと折角食事で摂取した栄養も相応に消費し、栄養不足となります。
マラソンや行き過ぎた運動はかえって逆効果になるのです。

 

一部に極端な負担をかける運動も、軟骨を痛める場合や筋肉も痛める可能性があります。
ボディビルや体操などの過度な肉体改造を必要とするものがこの運動にあてはまるので、身長を伸ばしたい人は注意しましょう。

 

以上が成長期の運動についての説明でしたが、いかがでしょうか。

 

身長の伸びに効果的なジョギングは、休みの日に親子で一緒に楽しめるかもしれませんね。
子供の成長期が気になる人は、こういった運動を取り入れながらセノビックでしっかりと栄養を補ってみませんか?